じねんのことはり

白馬は、どしゃ降りの雨
 今年は空梅雨か。

 松本はどこもかしこもカサカサの、カラカラだ。安曇野、大町、諏訪の友人たちも同じ事を言っていた…雨がない、田んぼの水がない。

 今日は先日打ち合わせした白馬での仕事当日。
 白馬村観光局主催の、「白馬アルプス花ざんまい」のイベントの一環で、花のプランター500鉢を、駅のロータリーとその周辺に飾るのだ。
 集客が少ない白馬駅前を地元の手で盛り上げようと、観光局が地元の皆さんに声をかけ、街を飾る鉢植えを村民に作ってもらって駅前に持ち寄ってもらおう・・・という企画。

 朝7時半に曇り空の松本を出て白馬に近づくにつれ、雲が広がって大粒の雨が落ちてきた。現場に着いたら、先に準備をしていらした白馬村の方々はもうすでに全員カッパを着ている。早速私と同行のMameさんも共にカッパを装着、首にタオルを巻き作業に入る。地元の生花店や造園屋さん等々、陣頭指揮を執る方々は大勢いらっしゃるので今日の私は気楽なお手伝いである。

 いつもなら「いやー、あいにくの雨だねえ」とこうなるのだが、皆びしょびしょになりながら「やっと降ったね、このまま降り続いてくれるといいねえ」などと言い合っている。
 これだけ山に近い(というよりも山のふもとの)白馬村も例に漏れず、ずっと雨がなかったそうだ。
  「あのう 鉢並べるの、何時頃までかかりそうですか?」と恐る恐る聞くと「2時までかなー」…ガーン。そんなに…でも500鉢だしなぁ…
 作業する方々も私らを含めて10人ちょっと?(観光局の皆さん、駅長さん職員さん、企業からの助っ人の皆さんのボランティアだ)
 ええと、一人当たり…などど考えていたら、記者の方らしき女の人が私に何か聞いている。えっメモなんかとっちゃって まさかインタビュー!?あがり症だから困るよ。ひたすら鉢を運んでいるおばさんに聞かないで。昨日電話してくれたら原稿書いたのに。ところで、どこの記者さん?(頭の中はこんな感じ)・・・なんだ、ただ様子を聞いただけか、チェッ
 さてこのイベント責任者のEさんはその後のNHKのニュースで、よどみない口調でPRしていらした。さすが、プロ(↑観光局HPの「白馬だより」7月3日に写真あり)。

 結局ずっと雨降りの中、なんと現場作業は12時きっかりにほぼ終了。…よかった…私の体力のタイマーの点滅が緑から赤へ変わる前で。

 飾り付けが終わった駅の玄関前は、今回のイベントのイメージカラーの青と白が涼しげなプランターがディスプレイされ、白馬村観光局力作のシックで品のある大鉢の寄せ植えも目を引く。
 企画の当初は、地元の方々の協力がどこまで得られるか、鉢植えがどれだけ集まるか心配もあったが、雨の中次々に様々な鉢植えが持ち込まれ、ロータリーから拡がる商店街へも並べることができ、企画に参加させていただいた私はホッとする。

 この夏白馬方面へ行かれる方、お車のかたも是非、駅前ロータリーへお立ち寄りください。並んだ鉢はすべて、個人、学校、企業まで白馬村民の方々がボランティアで植え込んだものです。一鉢一鉢、作り手がみな違う今までに無いアットホームなイベントです。


 …と自前サイト(これ)での宣伝文句を考えながら松本に着いた。
 帰ってきていた子供に「雨、降った?」と聞くと「いやぜんぜん。一滴も」と答えた。
| じねんのことはり | 2005.06.27 Monday |
<< NEW | TOP | OLD>>