じねんのことはり

旬の鮎料理 オンパレード
 ある日飯田の友人から「釣れたよ〜。住所教えて」と電話が。
 鮎、である。…それにしてもウッヒョ〜、いっぱい入ってるヨ〜!


 そこで早速「俺も鮎食いたい。」と言っていた奈川の友人に、半分転送。
 それでもパッと見て私には数えられないくらいあるぞ(笑)
 さぁ〜て、今日は鮎づくしだ!

 やっぱりなんと言っても、塩焼きだよねぇ。豪華に二本、いっぺんに食べちゃうぞ。夏らしいランチョンマット(って手ぬぐいだけどね)を敷いて見たりしてちょいと気分を出して食べよう。


 って、支度に大騒ぎしても食べるのは数分なんだよね。


 さて次は、平幹二朗(ヒラミキジロウ)そっくりな飯田の釣具店ご主人に作り方を聞いた鮎ご飯。じっくりと焼いた鮎を土鍋で米と一緒に炊きこんじゃう。


 はみ出てるところがナイスでしょ。ウヒャ〜、良い匂い!


 今回初めて作ってみた鮎ご飯だけど、そりゃもう、最高に美味しかった。


 私にとって鮎は高級魚なので普段だったらからトンでもない(もったいない)鮎のから揚げも味見してみたい。


 中骨は別に揚げて、やっぱりビールでしょ!
 から揚げの感想は、・・・やっぱり鮎は塩焼きかな〜。揚げちゃうと何でもから揚げ味になっちゃうような気がする。あのブラックバスだって美味しかったんだし…。比べようもないが。
 もちろん、クセも臭みもまったくなくて、美味しいから揚げだった。


 さて一度やってみたかった、押し寿司(バッテラ風)。
 塩と酢と昆布で〆た鮎を押し寿司にしてみた。
 まさに、バッテラ味(笑)何をしても美味しい鮎だけど、いろいろやってみて私は
 1、鮎ごはん
 2、塩焼き
がやっぱり好きなんだと認識した。

 鮎ご飯と鮎寿司は実家に持って行って味見してもらったら、老両親は「鮎寿司が旨かった」と言っていた。「ごはんは鮎がどこに入っているのかわからん」あらごめんね。私が拾っちゃったからダシしかなかったかも(笑)
 
 心から満足できた、天龍の鮎。やっぱり美味しい!シーズンの鮎は最高です。
| 日々の覚え書き | 2007.08.27 Monday |
<< NEW | TOP | OLD>>