じねんのことはり

遠山郷

 伊那谷。それは山深く、現代まで昔ながらの神楽の伝承が残る希少な場所。

 信州の秘境、北信州の秋山郷、そして南信州の遠山郷。
 秋山郷は二度訪ねたことがあるが、遠山谷は初体験の私。
 南北に長い長野県、南の景色は松本の私から見ると異国である。

 伊那谷のおとなり、木曽谷を車で走っていても、林道を歩いていても南木曽ともなると中信とは植生も風景もまるで違ってくる。庭先の垣根がふと見るとお茶の木だったり、ゆずの実がたわわに生っていたり、山には冬でもどことなく青々としているように見えるソヨゴやモチやツバキなどの常緑樹がたくさん茂っていたりする。
 右を向いても左を向いても山だらけ、降雨量が多く山はいつも水を含み、山のそここには沢が流れ、美しい小渓流や滝を作っている。入る人間の数も分散されて少なくなるためか(笑)、松本周辺ではわざわざ探して歩くような野草も、道沿いに群落を作っていたりする。
そんな木曽も大好きなのだがそれとはまた別に、伊那谷には以前から一種のあこがれがあった。

 漠然と抱いていた、山深い里のイメージ。どこかにまだ世間と隔絶された場所があり、密やかな山神の営みが今でも続いている…そんなものに対する興味と憧憬があった。

 私の家へ寄ってくれ、まだ暗いうちに松本を出た神奈川の友人の車は、夜が明けたばかりの遠山郷へ向かう山道をどんどんと登っていく。私の遠山行きの目的は、イベントの手伝いのための撮影と取材。

 十重二十重に重なる深い山、その背後に白く輝く南アルプス。
 眼下には遠く、けれども石を投げれば私でも届きそうなほど真下に遠山川が光っている。そして目線の真横の山の斜面には、朝日に照らされた集落が浮き立って見える。


 私がいま立っているここはいったいどこなんだろう。
 距離感も空間も時間ですら日常から遊離して、奇妙な、でも心地よい浮遊するような感覚にしばしの間、とらわれる。


 遠山川沿いに林道を行く。
 途中合流した遠山郷の住人で、釣りガイドでもある本日の案内人の松下さんに
「これだけ(人家が)離れていてもやっぱり回覧板は持っていくの?」
 と聞いて笑いを取る私。当然持っていくに決まっている、たとえ隣りの家まで数キロあろうとも。…歩いていくのかな。車かな。いや歩いていくんだろうな。

 いろんなことを考えていると、車中はすでに釣りの話題に。
 喋りながらも釣り人の顔は川を向いている。私はひたすら車のウインドウにオデコをくっつけて、山の斜面に目を凝らす。

 紅葉の色はまだ残っていたが、すでに晩秋の景色の斜面。…さすがに目に付く緑は羊歯が殆どかな…。

 車の終点、加ヶ良(かがら)の景色は真っ白な石灰岩が深い緑の川の色に映えて何とも幻想的だ。
 重なる色づいた山の向こうに遠く南アルプスが霞んで見える。


 こんなに深い山のなかに、こんなに広い川幅で流れる遠山川。
 松下さんが「見てごらん、あそこに少し砂利を掘ったような跡があるでしょ。」アマゴの産卵床だそうだ。

 遠山川沿いに戻り、車から離れて昔の森林鉄道跡を歩く。


 遠く忘れ去られた過去が、時間を積み重ねてまだそこにはあった。

 河原の石はおもしろくて、カメラを向け出すとキリがない。
 仏島と呼ばれる谷の岩盤の狭窄部分の石は激しい流れで洗われて、面白い肌合いを見せている。


 国産なんてお目にかかれないと思っていた赤石も、数十トンクラスのものから小石、砂利サイズまであちらこちらにゴロゴロしている。いろんなものにカメラを向けているので、時間は限られているのにちっとも前へ進まない。
 以前から友人たちに「私の移動時間はね、崔碓未覆鵑世茖蹐犬磴覆って」
といかに自分の山歩き速度がゆっくりなのかを解説しておいたが、実際に私の歩く姿を見た同行人に
「崔碓未犬磴覆って、さおちゃんは立法m単位なんじゃない」と言われてしまう私…。
 途中用事があって別れた松下さんたちに代わり、私の案内のため後から合流してくれた飯田の友人も、カメラを構えたままなかなか前に進まない私に
「まだ〜?」
 と呆れ顔である。
 だってしょうがないじゃん。交通費も自前でしょ?次はないかもしれないから撮るだけ撮らないと、ね。

 …と言いながらも、
『次は自力で来よう…好き勝手にまわれるし。でもこの落石だらけの山道だけは一人はキケンかも…だいたい入ってきたら帰れないかも携帯通じないし う〜ん』
 と、心の中でコッソリと考える私なのだった。

 不思議な場所、遠山谷。
 山深いが、そこここに人の息づかいがはっきりと聞こえる。

 次はいつ来れるかな。
 きっと誰もがそんなふうに思ってしまうんだろう、ここはそんなところだ。
| じねんのことはり | 2006.11.25 Saturday |
<< NEW | TOP | OLD>>