じねんのことはり

ミズ(ウワバミソウ)のおひたし

 北国から、ミズが送られてきた。
 私の庭にもちょこっと植えてあるミズだが、あまりにも様子が…違うので最初はなんなのかわからなかった。
 で、いただいた方に聞いてみた。やっぱりミズ(ウワバミソウ)だって!

 どこが全然違うか、と言うと実の様子(収穫した時に、葉はむしってくれてある)。
 …渓流や湿ったところが好きなミズ、やっぱりカサカサな私の庭じゃあんな感じなんだな。可哀想に。



 さっと茹でて、だし醤油に漬けておいて食べるんだそうだ。すぐ茹でてね、と言われたことだし早速やってみた。
 美しい赤紫の実が、湯がいたとたんにヒスイのような緑色に変わる。 おもしろい。美しい。



 一晩漬けておいて、翌日いただいたが、なんともおいしかった。歯ごたえが良い。
 ミズ特有の粘りがあり、かつ歯ごたえはシャキカリッ、と言う感じ。
 実の部分を噛み砕く時がなんとも言えない。

 この後山菜料理を何気なく検索してたら、ミズを売っていたサイトを見つけてその高価さにビックリした。
 そりゃ、そうだろうな。葉っぱをむしるだけで大変だ。相当、手間はかかっているはず。
 ウチのミズの楊枝のような茎と米粒程の実、葉っぱをむしって全部集めたらお猪口一杯くらいかな…。
| 日々の覚え書き | 2006.10.07 Saturday |
<< NEW | TOP | OLD>>