じねんのことはり

森

雨にけぶる森。


森

雨のなか、空へ向かいすっくと伸びあがる大木。
人の手が入ってもいなくても、木々は正直に枝葉を伸ばし、枯れ落ちて、
そして長い長い時間をかけて、新しい森を作る。
| 山の覚え書き | 2006.07.18 Tuesday |
<< NEW | TOP | OLD>>