じねんのことはり

薪で走るボンネットバス

薪バス もくちゃん

 薪はその昔、人の生活に無くてはならないものだった。
 薪の原料になる木はもちろん、炊きつけにする落ち葉や枝や、牛馬の飼葉となる草も人は大切にした。
 里の近くの山はいつも明るく、春になれば下草が刈られた所から丈の低い草たちが芽吹き、花を咲かせていたに違いない。
 そして道ばたの草は奇麗に刈り取られ、そこからも野の花々が顔を出していたことだろう。
 炊きつけの草を刈るにも、近場が良いに決まっている。
 どこの道ばたにも夏草が生い茂り、これを税金を投じて草刈をしてゴミにする・・・という時代が来るなどと当時、誰も想像しなかったことだろう。

 薪に話を戻して・・・さてその薪の原料にも事欠く現代、なのに薪流行りの時代でもある。
 薪の原木はあるところにはあるのだが、手に入れるのが難しい。
 それに石油に比べ安価かというとそうでもない。
 かといって売る側も薪でそうそう商売になるわけでもない。

さてこの写真のバス、名前は「もくちゃん」。
なんと薪で走る貴重で希少なバスなのだ(昔懐かしいボンネットバス)。
このバスを所持しているのは大町市のエネルギー博物館なのだが、
NPO「北アルプス・バイオマスを考える会」が、このバスを維持している。 
 

薪バス もくちゃん

薪という燃料があったことを、
そして実際にそのエネルギーで車を走らせていたことを知ってもらおう
そして山里から人里へのリサイクルを現代人に考えてもらおう
そして乗せすぎると(笑)坂道では止まってしまうスローな交通手段を慌しい現代人に体験してもらおう・・・・

維持だけでなく走らせるのも大変なこのバスを、そんな思いで会の人たちが支えている。
最近は炉の消耗も激しくて、寄付も募っているがなかなか大変なよう。
このままではいつ走れなくなるのか、もくちゃん・・・。
不定期だがこのバスに乗って大町を走る会を催しているので、是非一度「もくちゃん」に会いに行ってみて欲しい。

参考リンク
現存する木炭自動車
近代文化遺産を歩く・まきバス「もくちゃん」(市民タイムス)

| じねんのことはり | 2007.11.05 Monday |
<< NEW | TOP | OLD>>