じねんのことはり

うどの皮のきんぴら

 飯山から送られてきた独活。斑尾の独活だそうだ。
 葉は天ぷらに、茎は酢味噌とサラダと。そして、皮のきんぴら。
 これがまた。おいしいのだ。
 皮なので殆ど筋…だけど、なんと言うか…いいのだ。

 ビールと一緒に大事に食べている。

 

独活の皮 油しょうゆで味付けし このうまさかは 仙人のもの

 独活を送ってくれた叔父の妻、3年前に亡くなった麗子叔母さんが詠んだ句で、これは思いついたときのメモ書きだそうだ。新聞に投稿して、載ったらしい。

 叔母のお葬式の後で、叔父が「参列した人たちにこの自筆の句を送りたい」と言って、印刷を頼まれた。この夫婦には子どもがいない。
 叔父は去年倒れて、一時はどうなることかと思ったが、今年もまた元気に山の実を焼酎に漬けたり、山菜を料理をしたりしている。どうやら叔母に「まだ、来るな。」と言われているらしい。

 おじちゃん、おばちゃん、今年もごちそうさま。
| 日々の覚え書き | 2006.06.12 Monday |
<< NEW | TOP | OLD>>