じねんのことはり

野麦峠の天然林

 山屋さんの友人から、
「お互い子供連れでどこかハイキングに行かない?」と誘われて、
「良いねぇ〜じゃ、私ら、体鍛えとくねぇ(親子とも体力には自信なし)」と調子の良い返事をし続け、しかしハイキングの計画は流れ流れて早、数年。

 山をやっていただけあって行動的な彼女に、ついこの間も美術館のワークショップに誘われ、止せば良いのにまた
「良いねぇ、面白そう、行きたいんだけど予定がわからないんだよねー」
 という毎度の返事をしていたら、ワークショップの締め切り間際に友人から
「ジネンさんの態度はいつもあいまいで、わかりません。」とビシッとしたメールが来た。
 ………おっしゃるとおり。
 深く反省した私は、そうだそうだ、動かなきゃ、後回しにしないで計画立てなきゃ、子供だってもう6年生でもしかしたら今年が親と一緒に出て歩いてくれる限界ギリギリかもしれないし…さて。

 う〜ん、どこにしよう。
 やっぱり近いところがいいな、日帰りだし。
 でもって、できるだけ混まないところが…

 …と言うわけで、取引先から連絡が来ない連休に一日空けて、しかしこれまた都合よく奈川の友人を頼り、ハイキングの行き先を相談。
「え〜と、…友達は毎年秋の涸沢に登ってるし、ドコでも楽勝なんだけどさ。一日ほとんどパソコンの前に座りっぱなしの超運動不足の私が歩いて戻ってこられるところで、できれば峠道」
 すると奈川の友人Sちゃんが言うには
「なら野麦峠かな。ガイドお願いしといたよ、ベテランだからね。時間は上でゆっくりお昼食べて遊んでも往復3時間だよ」OK、OK。そんならオーケー、ありがとうSちゃん(感涙)。

 不安定で冷え込む日が続きお天気を心配したが、当日は朝からすっきり快晴。
 いつもどおり寝不足な目をこすりながら、前日に用意した弁当を詰めて、友人と共に奈川に向けて出発だ。
 連休で朝から道は混むかと思いきや、なんと40分で待ち合わせ場所に到着。約束の9時までに、あと40分もあるじゃん、おお!こんなに近かったっけ!?奈川。
 そう、今はここも松本市だし近いことにそんなに感動する事もないが…でも奈川・乗鞍・上高地まで松本市ってのはなんだかねぇ。
 おっと話が逸れるので戻して、

奈川

 あ〜久し振り、周りは山ばっかり、嬉しいな♪
 今回はガイド付きで余裕の山歩き。早速子供たちはガイドのTさんの説明に聞き入る、よし よしマジメに聞いとるぞ、たまに目がアッチコッチいってるのはオマエか、我がムスメ。
 と、突然Tさんが「今日はあなたたちにプレゼントしたいものがあります。」と、取り出したのがこのキーホルダー。

野麦峠

 取り出された瞬間、獣の骨を加工したものかと思ってしまったほど、美しく磨かれた白い木のキーホルダーだ。ゲンキンなことに突然Tさんの手元に集中する我がムスメ(笑)。
 木で作った素朴なキーホルダーに子供たちは大喜びの様子、へぇ。


 峠の登り口で、怪我の無いように固まった体をほぐす運動をTさんに教えていただき、そして荷物のチェックもしていただき、クマザサ対策に手袋をはめていざ、峠道へ。
 野麦峠は今でこそ良い車道が通り、ここから峠の頂上まで車ならほんの十数分だが、往時を偲べばここ野麦峠は、かつての多くのうら若い娘たちが、出稼ぎ先の製糸工場へと国境を越えて行った道だ。

 今どきの私たちは足もとはトレッキングシューズ、服装は長袖長ズボン、そしてリュックには色々なものが詰っているが、往時のいでたちは本当に質素なものだったにちがいない。
 最後尾の私の前を行く2人の娘に、冬、素足にわらじ履きで峠を越えて諏訪へ向かった娘の姿をだぶらせて見る。
 良い時代になったものである。

 登る途中、木の見分け方や山野草や山菜の名前などを話しつつ、私たちのペース(というか私か・笑)に合わせて時々休憩を入れてくださるTさん。
 ガイドさんと歩くと言うのもなかなか良いものだ。
 また、子供というのは親よりも他人の話を良く聞くものだ。不思議だ…え、ウチだけ?

 ・・・まあいいか。

野麦峠

 それにしてもクマザサの茂りようは素晴らしい。明るいカラマツ林の林床を、我が物顔で支配している。
 実はハイキングの前日までかなりの荒れ模様だった奈川、野麦峠をゆく車道も開通したばかりで、私たちが歩いているこの峠道は今日が初踏だそうだ。

 Tさんが先行して、ところどころに落ちている木の枝を取り除きながら歩いてくださる。…自分でやらなくて良いって、楽だな〜。
 途中手ごろな木の枝を見つけた私、それを杖にして登っていたら子供たちが「いいなぁ」。するとTさん、良さそうな枝を拾うと鉈をちょいちょいと動かし子供たちに杖を作ってくださった。

野麦峠

 子供たち、また大喜び。
 峠の中ほどには清水が引いてあり、くり抜いた丸太に満々と美味しそうな水を湛えている。

野麦峠

 この丸太もTさん方「案内人の会」のみなさんがここまで背負い担ぎ上げて設置されたと聞く。手を合わせて感謝、持ってきたお茶よりもおいしい水を持参のポリ容器に全員で汲む。
 あー、美味しいなあ。さて、あと一息。

 登る前にTさんが「一箇所、是非ゆっくり見てもらいたい所があります」とおっしゃっていた。
明るいカラマツ林の向こうからひんやりとした空気が流れてくる。
 天然林と人工林の境だ。
 まさにちょうど、ここがその境界線。こんなにくっきりと、分かれているところは初めて見た。

野麦峠

 直立したカラマツの足もとにクマザサがおい茂る、材を採るために人間が作リ出した「人工林」。カラマツとクマザサの単調な景色。
 一方体を反対に向けるとそこには、老いたブナ、コメツガ、トウヒ、様々なカエデと広葉樹・針葉樹がお互い枝を避けあいながら共存している。

野麦峠

 まだ峠道にも雪が残るここでは、天然林の下には羊歯やカンスゲなどしか私には見つけられなかったが、きっとこれから明るい道の脇には様々な花が咲き出すのだろう。

 Tさんがブナの木の説明をしてくださる。
 その類稀な保水力のこと、新緑の美しさ、コケが乗った年老いた幹の風合いの面白さ。
 そこで私は、手をぐるぐる回して両方向を指差し、ウソのつけない性格の我がムスメに
「こっち(天然林)とこっち(人工林)どっちが好き?」と聞いたら
「こっち」と天然林を指差すではないか。

 実は、学校の登山を除いてはまともな山歩きは今回が初めてのムスメ、これまでは近所の山へちょいと連れて行くと、車道を外れて山道を行こうとする私の袖を引いては
「おかーちゃん、そっちへ行ったら熊がでるよ、危ないよ、早く帰ろうよ」
 と不安丸出しの顔で母を引き止めるのだった。
 …山に対してはかなり、ノリが悪いムスメに不便していた私は内心、ニンマリ。

 木漏れ日の爽やかな天然林の間を抜けてゆくと、Tさんが
「さあ、ここからちょっと危ないよ」
 見るとなんと、雪渓が。山の斜面は開けていて、下まで雪の斜面が続いている。
 Tさんが先に立ち、足で階段状に道をつけてくださる。あ〜楽だな〜。
 私の先を行く子供は登りきったとたん、2人とも大きな歓声を上げた。「うわー、すごい!」

乗鞍岳

 雲ひとつ無い底なしの青空にくっきりと、雪をいただいた乗鞍岳が眼前に聳える。峠の頂上を通る道路の真ん中に立ち、Tさんが子供たちを呼ぶ。
「さて、私はこっち、あなたたちはそっちに立ってごらん。」?という顔をしながらも素直に従う二人、よしよし(笑)。
「君は長野県に立っている。私は岐阜県に立っている、はい、お互いに、手を取り合ってこんにちは」
 何をするのかといった表情の彼女たちは「県境」を自分たちがまたいでいることに気づくやいなや、たちまちに笑い出し、「へぇ〜!」と抱き合ってはしゃぎ会う。

 そんなことをしている私たちの横を、バイクや車が数台、通って行く。
 車から降りて駐車場を歩く若いカップルのいでたちは、Tシャツにミニスカートにハイヒール。
 私たちが一時間かけてのんびり登ってきた峠道を、この人たちは瞬く間に駆け抜けてきたのだろう。

 駐車場の横の豪華な石のテーブルでお弁当を広げると、Tさんが汲んで来た清水を沸かしコーヒーをご馳走してくださった。
 同行の友人も、バーナーにカップとひととおりの準備をしてきている、さすが山屋さんである。
あ〜おいしい。

 素晴らしい景色を、手にとれそうなほど近くに見える山を眺めながら人様に入れていただいたコーヒーをいただくのも最高だが、たとえ自分で作ったものでも外で食べるごはんは最高においしい。 

乗鞍岳

 贅沢な景色。深い青空。ここにこうしていられる自分たちは、幸せだ。お金をかけなくても、少し車で走れば、そして少し歩けば、こんな場所がある。
 自分が住んでいる「市」、そして「県」、誰もが皆、それぞれの思い入れがあるだろう。
 私は一度その外に出て、初めて自分の故郷を真正面から見ることが出来たように思う。
 良いところ、悪いところ、理解できるところ、そんなことも考えるようになった。

 山国・長野県を取り巻く状況は厳しく、対策を立てても立てても、追いつかない虚しい現実を知っても、それでも私はこの山国が好きだ。そして今私の目に映るこの山は美しく、こうして目の前にただ、ある。

 Tさんや友人と色々な話をしながら、のんびりのんびりお弁当を食べて、たっぷり休憩して、帰途につく。下りの歩き方を改めてTさんから注意していただき、杖を使いながら膝に気をつけて峠を下る。
 やはり下りは早い、あっという間に駐車場に到着だ。行きも帰りも贅沢な貸切の峠道だった。
 帰りに旅館を経営しているSちゃんのところに寄り温泉をいただく。これまた貸切でのんびり手足を伸ばす。まだ日が高く目の前を流れる清流も見える。 
  あ〜極楽、極楽。 

フキノトウ

 十二分に満足して家へ帰り、ちょっといただいてきたフキノトウを天ぷらにした他はやっつけの晩御飯を食べながらムスメに
「今日、何が一番印象に残った?」と聞いたら
「天然林と人工林の境目の、天然林」と答えたので、驚く。

 実は山歩きの後で、子供なら誰もが大喜びしそうな施設にTさんが立ち寄ってくださって、そこでも子供たちは大はしゃぎしていたからだ。
 どうして?とまた聞くと
「なんか、ありのまま、って言うか、昔からここにあったって感じがするから」

 見ようによっては、明るく、均整の取れたカラマツ人工林の方が「きれい」と映ることもあるかもしれない、と思っていた。「本来の山」を知らない子供たちであれば、もしかしたらなおさら…。
 だから、彼女の答えは私には意外で、そしてとても嬉しかった。

 秋葉街道の青崩峠に続き、数ヶ月のうちに二つの峠道を歩いた私。
 それぞれに印象は強いが、今回の山歩きでは、未来を担って行く子供たちにはどんなことでも繰り返し、あきらめずに伝えてゆくことの大切さに改めて気がつかされたように思う。
 …そしてやっぱり、体は普段からもっと、動かさなくちゃね。筋肉痛には温泉のおかげでならなかったが…でもひたすら眠いんだよね、山歩いたあとの数日間…。
 仕事を理由に体力の向上をおろそかにしていた自分のことも、改めて反省した野麦峠だった。

| じねんのことはり | 2007.04.29 Sunday |
<< NEW | TOP | OLD>>