じねんのことはり

秋葉街道・青崩峠
 長野県には海が無い。
 海が無いから、塩も生産できない…稀に「山塩」の取れる大鹿村の例もあるけれど、その生産量は海の比ではない。
 だから縄文の昔から、塩は遠い海から信州へと運ばれてきた。
 新潟県の糸魚川から松本、そして塩尻(塩の最終到達地点)へと運ばれた塩を『北塩』、一方静岡県の相良から県境の青崩峠、大鹿、諏訪を経て塩尻へ運ばれた塩は『南塩』と呼ばれた。そしてこの道を『塩の道』と言う。

 諏訪地方は古くから猟・農具や漁具に使われた黒曜石の産地で、信州からは海へとこの黒曜石が運ばれた。諏訪に住む農家の友人から「子供の頃は畑を掘ると黒曜石の矢尻がいっぺぇ出たんだよな」な〜んて言う話を聞くと、遠い縄文時代を身近に感じたものだった。
 その信州産の黒曜石と『南塩』が縄文の昔から行きかった古道、遠州と信州を結ぶ青崩峠。
 秋葉街道の中でも難所中の難所と言われ、現在も国道であるにもかかわらず崩落が激しく車道の建設ができずに、人しか歩けない峠道である。
 この名前に惹かれていつか歩いてみたいと思ったのは、もう随分前のこと。
 老父と遠山詣でに行くことになり、実は父も「青崩峠は生きているうちに一度は行ってみたかった」ことがわかった。もう次の機会はないだろうと、歩いてみることに。
 八重河内川に沿って佇む、秋葉街道の老舗の旅籠・『島畑』さんの朝ごはんに間に合うように行ってこようと、早朝起床しそそくさと車に乗り込む。

秋葉街道

 この侘びた峠の名前に対して抱いていた私の想像を覆すように、峠の登り口は偽木できれいに整備されている。随分歩きやすい遊歩道ではないですか…と思いきや、程なく大小さまざまな落石が遊歩道に現れた。 
  中には板を破って大穴を空けているものも…思わず山肌を見上げる。うわ、これなんてチト大きすぎるんじゃありませんか(怖)。

秋葉街道


 もしかしたら緑化工事で植林したのかもしれない歩道沿いの木々も、土砂に押されて斜めに梢を空に伸ばしている。

秋葉街道

秋葉街道

 峠道の途中の青崩神社では、根から倒れた太い木の幹が真横に聳える松の木に支えられ何とか落ち着いていて、これがなかったら神社の屋根を直撃していたのでは、と思うとどうか地震が来ませんように…とビクビクものである。
 
 膝が悪く、無理をすると歩けなくなったり、血圧が高く薬を飲んでいるくせに、せっかちで「ボチボチ」とか「ノンビリ」と言う言葉が辞書に無い父は、私よりもさっさと足場の悪い道を杖を突きながら登ってゆく。写真を撮りながら急ぎ足で父を追いかける私。 
  整備された道も途中から、落ちてきた石で板が割れたり、押し流されて無くなったりし始めた。

秋葉街道


 せっかく信州の真ん中からはるばるその最南端の地まで来て、しかも中央構造線の真上を歩いているのだし、断層の『露頭』なんぞを探してみたいなんて思っている私の心を知ってか知らずか、「早く行くぞ、オイなにしてるんだ」と相変わらずせっかちな父である。 
  途中砂防堰堤のほうへ回り込む殆ど朽ちた足場を辿ってみようと浮気心を出してみるものの、また老父に呼び戻されあえなく露頭探しは断念することに…ま、いいか…。

秋葉街道

 「青崩れ峠」と言う名のとおりに、青白く細かく崩れ落ちたばかりの石灰質の山肌に沿って歩くと、砂防堰堤で止めても止めても傾れ落ちる『動き続ける山』の中に私は立っているのだ、という実感が湧いてきて、なにやらそら恐ろしくなってくる。

秋葉街道

 まるでセメントのような青灰色の山のザラ石に、思わず崩壊してゆくコンクリート堰堤をイメージしてしまう私。
 
 遠くに見える反対側の山肌から、鹿の鳴き声が何度も何度も聞こえてくる。人気もない山の中で、その声は深い谷に大きくこだまして悲しげに、まるで迷子になって足場を失い親を呼ぶ子供のそれのように感じた。
 足を止めることなく歩く父の気持ちもわからないでもない…そうだ、あまり離れずさっさと歩かなければ。

 車を置いた治山工事の工事車両の転回場から峠の頂上までは30分ほどと聞いていたので、もう少しで峠だろう。…が、ここでやはりせっかちな父が
「いかん、血圧が上った。俺はここで待ってるぞ」ってホラ言わんこっちゃ無い(何も言ってないけど)、ゆっくり登ってくれば良いものを。
 こんな携帯も通じない山奥で爺さんを担いで下りたりなんかしたら私もくたばってしまう。仕方ないね、残念だけど、じゃ私だけ失礼、と休みどころに父を残して峠の頂上へ向かい早足で登る。

秋葉街道

 空が近くなり、まっすぐな階段を上りきると峠の頂上にひょっこりと出た。 
 そこは、崩れ落ちそうな道を登ってきた私にとっては拍子抜けするほどさっぱりと整備されていて、立派な丸太のテラスまで作られている。

秋葉街道県境

 テラスの上から静岡県を見渡す。う〜ん…感無量。

秋葉街道

 あの山々の向こうには、海が広がっているんだな。数千年前の人間が、この同じ道を踏んであの山の向こうから塩を運んできた…その時歩いた人が見た景色は、木々は、今とどう違っていたのだろう。

 明治時代の王子製紙による製紙用材のための伐採、そして戦中戦後の軍用目的による森林伐採が始まるまで、ここ遠山地方には豊かな森林が広がっていた。
 天をつくばかりの様々な樹種の巨木たちが生い茂っていたに違いない。その頃の景色を、この深い山々を見ていながらも私は想像することができなかった。

 ・・・おっとそうだ、父を待たせているんだった。
 あまり感慨に浸っているわけに行かない、と急ぎ写真を撮って戻ろうとするが、この立派なテラスからは長野県側の山が見渡せないではないか。
 そこで熊伏山への登山道入り口を少し登り、クマザサにつかまりながら狭い道の脇に逸れて足場の悪い崖っぷちに立つ。
 おお、見える見える。深く切れ込んだ谷と、折重なる山々。

秋葉街道

 遠い遠い昔、ここは海だった。

 地球を生きものと捉えるなら、父や私が生きてきた長い時間ですら、地球のまばたきほどの時間ですらないのだろう。
 地球は呼吸をしていて、体の中を燃え滾らせ、その皮は動き続け、圧縮され押し上げられひび割れ、その跡を私たちは目にして驚いたり感心したり写真に撮ったりしている。この瞬間も地球は生きていて、この地面の下の下には血のような真っ赤な流れが渦を巻いているのだ。
 …そう考えてしまったら、こんな狭い足場に立ちひょろひょろの木にしがみついている自分が愚か者に思えてきて、足が震えた。そっとそっと後を振り向いて道に降り、坂道を登ってきた汗に代わって出てきた冷や汗をぬぐいながら、父の元へ向かった。

 さて、時間はちょうど8時になるところ。約束の朝ごはんの時間に間に合いそうだ。ああ、お腹がすいた!

秋葉街道

 峠から見た遠山谷は視界を覆いつくす山、また山だった。
 それは私には人間が支配しきれない場所にも見えた。
 地球の皮を覆う山、そして川…ちょっと地球がくしゃみしたり風邪をひいたら、それはひび割れ、そして溢れる。
 
 地球のリズムに同調して生死を繰り返す木々や森の生きものたち。

秋葉街道

 人間は地球の皮を永遠に繕い続けるのだろうか。
 中央構造線上に聳えるこの山々は、今も動き続けている。

| じねんのことはり | 2007.03.24 Saturday |
<< NEW | TOP | OLD>>