じねんのことはり

オオキンケイギク・特定外来生物法はなんのため
 

オオキンケイギク
堤防でタネをつけたオオキンケイギク

 初夏を過ぎ、夏になって川沿いの堤防道路を車で走っていると鮮やかなオオキンケイギクの黄色い花が目にとびこんでくる。
 暑いな〜、きれいだな。あんな所でよく、がんばってるなぁ。などと思いながら眺めていたらある日の新聞に
「オオキンケイギクは特定外来生物に指定されていました」
 という記事が載っていた。2月に指定されたそうで、…えっ、知らなかった。何でもっと大々的に広報しなかったの??(それでも気が付かなかった可能性も否定できませんが…)
 乾燥に耐えてしっかりと根を張ってくれるオオキンケイギクは、明治時代に日本にやってきて、つい最近まで公共工事の緑化に多く使われてきた。河川敷きや法面の緑化に、ノシバなどを使うより、花も咲いてきれいということで重宝されたのだろう。
 でもキクの仲間はよく増えるのだ。根は残る、そして根でも種でも増える。
 私は庭に小菊を植えているが、放っておくと通路と言わず隣地と言わず顔を出すので、ちょこちょこと抜き取っている。

 ブラックバス、ニセアカシア、同じ運命を辿ってきている生き物は数知れない。
 騒がれると標的にされるが私たちの周りにはたくさんの「外来」さんたちが根付き、種を飛ばし、卵を産んでいる。けれどこれもまた「今の自然」。
 そうでないと言うのなら、総ての貿易は禁止、ガーデニングも庭作りも禁止、海外旅行も禁止、海外の種通販ももちろん禁止して、山へ行くたびに裸になって全身消毒してから専用の衣服を着用しなければならない。
 河川敷きのマレットゴルフ場などにオオキンケイギクを植え、自主的に管理していた市民や庭先で育てていた人たちはさぞ、混乱しているだろう。
 だって「特定外来生物」は栽培はもちろん運搬(移動)、保管が禁じられる。悪質(ってこの場合はなんだ?)な違反をした場合は個人の場合懲役3年以下または3百万円以下の罰金刑なのだ。
 せっかく植えて、今きれいに花が、咲いているのに…
 この花だけを残して一生懸命草取りもしてきたのに…
 それに引っ張ったって簡単に抜けないよ… 。
 そんな市民の戸惑いのつぶやきが聞こえてきそうだ。

 何だぁ?と思わずムッと来たのはそんな時(市民から自分が管理しているオオキンケイギクの処分についての質問)の対応を訪ねられた市の担当者が言ったことだ。新聞がウソをついてなければ、次のとおり。
 「利用者が楽しみにしている。すぐに根こそぎ駆除する予定はない」100歩譲ってここまでは理解しよう。「自然に無くなるのを待つしかないのではないか」………あまりにアホらしくて感想すら言えないじゃないか。
 誰が責任を持って決めたのか知らないが、「放っておくと(自然に無くならないだろうから)結果在来植物を駆逐してしまう恐れがある」と行政が判断したから、「オオキンケイギクは特定外来生物に指定」されたんじゃないのか?
 「特定外来生物」と国を挙げて決めたのなら、そんなことを言わずに「公共工事」で使い続けてきたことの過ちを謝罪して、徹底して抜き取りを進める立場なんじゃないか?

 もちろん私たちも思慮なくこの丈夫で美しい花をただ眺めていたことを深く反省し、可哀想にと泣きながら庭先のオオキンケイギクを抜き取ってビニール袋に入れ厳重に処分し、スコップとツルハシを持って歩き、目に付いた公共用地のオオキンケイギクがまた今年の種を飛ばす前に、大急ぎで掘るか、刈りとるかしなきゃいけないんじゃないのか?アレチウリみたいに。

 貴重かつ希少な公園、烏川渓谷緑地を訪ねた時、公園内で出た木屑を使ったチップで舗装された園路にちょこりんと顔を出した1本のヒメジョオンを、公園の現場の職員が歩きながら抜いていた。
 そのために歩いていたのではなく、講座のために同行していた方だった。
 大勢の講習者の最後尾を歩きながら、誰の目にも止まらないところで、自然な動作でそれをしていた。

 この公園は、ゲートもなければ入場料も取らない。だから靴を洗えとも、服を払えとも言われない。
 僅か2、3人の現場の職員は、とりたてて「外来生物」について演説することもない。でも、そっと、そして確実に引き抜いていた。その場に放置することもせず、いつまでも手に持っていた。
 私の庭にも、ヒメジョオンは毎年出てくる。抜いても抜いても出てくる。草丈は高く放っておくと相当大きく茂るが、小さな可愛らしい花で繊細な花びらも美しい。
 この日歩いた私の靴にも服にも、ヒメジョオンの種がついていたかもしれない。でも、現場の職員たちはゲートも設けず靴も洗わせずに、ただ黙って「帰化植物」を引き抜いている。

 何をもって「自然」とするのか、その判断は私にはできない。けれど私もヒメジョオンを抜いていた公園職員の彼女と同じ事を、同じような場所でならするだろう。でも道ばたに生えているヒメジョオンは抜かない。
 行政が判断したにはそれなりの調査と理由と先見があったはずだ。まさか適当に決めたとは言わないだろう。でもそうとしか思えない市の担当者の発言に思わず腹が立つ。

 どうなる、松本のオオキンケイギク。…もし仮に、身近な行政がやらないのならと、私が河川敷の法面のオオキンケイギクを刈ったり掘ったりしていても、国から褒められることはあっても怒られることはないはず…でも河川敷のものに手をつけたら管理者に怒られるだろうな…河川と堤防と管理者が違ったりするし…申請とか書類、山のように書かされて…逮捕されたらどうしよう…だいたい撤去したとして後の法面の代替どうするんだろう??

 最近ペルー、東南アジア原産のヒメイワダレソウというのがガーデニングでも田んぼの土手にも緑化工事でも重宝されているみたいだけれど、あれは大丈夫なのだろうか。相当すごい繁殖力があるらしい。
 種をつけなければ大丈夫なのか?本当に??
 「特定外来生物」、次に指定されるのは何だろう?「ヒメジョオン」とか言われたら、草取り、サボれないな。

| じねんのことはり | 2006.07.07 Friday |
<< NEW | TOP | OLD>>